検索
  • 和徳 瓜生

秋の味覚紫色餃子 むらさき芋パウダー入り手作り餃子の皮


こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。

今回は「秋の味覚紫色餃子 むらさき芋パウダー入り手作り餃子の皮」をご紹介いたします。喜多方もっちり餃子の皮を是非ご賞味ください。

私達は自社で栽培したこしひかりやこがねもちや小麦粉等で皮を作り ふくしまエゴマ豚や地元野菜等で餡を作り包みました。 もちもち感が味わえる餃子や餃子の皮を製造しています。

秋の味覚餃子は。「秋の餃子は紫いもカラー」

餃子の皮にムラサキ芋パウダーを入れてミキシングしてムラサキ芋色の餃子の皮を作りました。

ご家庭やレストラン等の飲食店でお子様やお客様へ秋の味覚で喜んでいただいてはいかがでしょうか?

秋の味覚のさつまいも・栗・かぼちゃ等が思い浮かべますね。

今回はその中でムラサキ芋パウダーを加えたもっちり餃子の皮をご紹介しています。

原料は下記になります。

皮(小麦粉,米粉(こしひかり米粉、こがねもち米粉),むらさき芋パウダー、打ち粉)

特徴は下記のようになります。

・米粉(コシヒカリ・こがねもち)入りの為にモチモチした食感が楽しめる。 ・米粉入りの為に調理した後、時間が経っても型が崩れにくい。 ・蒸しても型崩れはない。

・テイクアウトの場合は自宅であたためてから食べていただくと、   柔らかく召し上がることが出来ます。

・ほんのり皮の風味が味わえる。

・時間が経っても弾力があり美味しさが持続します。 ・鍋の中に一晩置いても型崩れしにくい。 ・食べたときに皮の旨みを味わえる。

・餡の旨みを引き立て一緒になり美味しい。

・皮がもちもちしている。 ・皮がしっとりしている。

・皮に弾力がある。 ・焼いた後時間が経っても皮が固くならない

このような餃子の皮の原料には食品添加物は使用していません。

特徴は 生の皮に触れるとしっとりしてます。食べるとモチモチ食感と弾力があります。なにより焼いた後に時間が経つと硬くならないのが嬉しいです。

用途は 焼き餃子・蒸し餃子・スープ餃子・鍋餃子・包餃子その他アレンジ料理や創作料理にに最適です。

私達の考え

私達が米粉の皮で包んだ餃子を作る時の考えはなるべく素材の旨さを大切にしたい。小麦の素材・コシヒカリ粉の素材・もち粉の素材・馬鈴薯の素材を生かしながらその素材の相乗効果が新たな美味しさを作り上げます。 そして、食品添加物をできるだけ使用しないで素材で作ることです。この考えは私達が無農薬米を作っているからです。

私達の目指すところ

私達が栽培したコシヒカリやこがねもちが入った餃子を世界中の人に食べてもらう。 そして福島県の農産物の安全性やおいしさを世界中の人にわかってもらい、 その美味しさや憩いを求め福島・会津・喜多方に気軽に遊びに来てもらい。

さらにリピーターになってもらいたい。そのような私達の未来を見るために取組をしてまいります。

モチモチした皮は生で食べても美味いです。冷凍保存で好きな時に使えます。

よろしかったら下記から御覧ください。

餃子通販やお取り寄せで人気の喜多方もっちり餃子より

今日は「秋の味覚紫色餃子 むらさき芋パウダー入り手作り餃子の皮」について紹介しました。

#手作り餃子の皮 #餃子の皮 もちもち #餃子の皮 #餃子の皮おすすめ #人気の餃子の皮 #点心の皮  #米粉の皮 #米粉入り餃子の皮 #カラフル餃子の皮 #色付き餃子の皮 #もち粉入り餃子の皮 #餃子の皮人気 #ムラサキ芋パウダー

#紫芋


0回の閲覧