top of page
紅の皮
 
ちょっとしたお祝いに晴れの日の贈り物に喜多方もっちり餃子の「紅白幸福餃子の紅の皮」で
オリジナル餃子やオリジナル料理を作ってはいかがでしょうか。
お子様と一緒にパパの誕生日や結婚記念日等など。お友達と一緒に料理パーティーやママ友会等など。
 
食卓のテーブルも餃子の花が咲ますよ。

 

〇トマト入り餃子の皮の用途は

・焼き餃子、スープ餃子、水餃子、揚げ餃子等どんな料理にも合います。
 見た目もオレンジピンク色で鮮やかです。
 スープ餃子や水餃子の料理にした場合は皮が熱で溶けてなくなることはありません。
 
・出来上がりの餃子の量は20g~22g位になります。
 皮の重さが8~9gですので餡の量は12g~14g位です。
 (目安ですのでご理解ください)
 手で餡を詰める場合はもう少し餃子の量はふえても入ります。
 

感動を分かち合う、しあわせふくらむ 私達の身近な特別な日に!
 
今日皆さんと会えて本当に楽しみ、これからも末永くよろしくお願いします。
 
私達の幸せがこれからも続きますように願っています。

紅白は縁起の良い色として知られていますが、なぜ縁起の良い色なのでしょうか?
 
いろいろな理由が挙げられているようですね。
赤と白が揃うとおめでたいとされる理由には諸説あるようなのですが、
私達日本人は昔からおめでたい事があると赤飯を炊いたり、餅を搗いたりして、
お祝いをしました。晴れの日の食べ物として「赤飯と白餅」は全国的に一般化しています。
これが「紅白はおめでたい」という概念の基盤を形作ってようですね。
 
喜多方もっちり餃子の由来は2011年の東日本大震災時の福島第一原発の風評被害から
生まれてきました。そこから形を変えて生まれてきたのが喜多方もっちり餃子です。
 
喜多方もっちり餃子には私達が栽培したコシヒカリ米粉やこがねもち米粉が含まれています。
もっちりとした食感でねばりがあります。ネバリ強く復興を目指したことと志しを最後まで
ネバリ強くという意味から福に幸あれ(福幸ふっこう)と名づけ幸福餃子の皮となっています。
 
紅餃子の皮にはこしひかり米粉・こがねもち米粉・小麦粉にトマトパウダーを加えて
紅の皮を作りました。
 
トマトを乾燥させてパウダーにしましたのでトマトの旨みが濃縮しています。
皮に加えることによりほんのりとしたトマトの甘みとほど良い酸味が加わりました。
紅餃子の皮を焼いて食べるとトマトの甘みと酸味がほど良く合っています。
とても楽しみな味です。
 

赤い色合いを強める為に隠し味に一味唐辛子を加えました。
トマトの旨みとほんのり辛味が楽しめます。

 

紅餃子の皮原材料名  
 皮(小麦粉,米粉(こしひかり米粉,こがねもち米粉、トマトパウダー、一味唐辛子)馬鈴薯澱粉、打ち粉),
紅餃子の皮(大)2400g ~2700g 直径90mm 約300枚(25枚x12)
 
〇皮の伸びる性質により型を取った後に大きさが縮小します。
素材のみを使用していますのでご理解願います。

 

賞味期限  製造日より180日(-18度以下)
保存方法  要冷凍(-18度以下)

*ご注文が入りましたら皮を作ります。出来立ての皮を冷凍してお送りいたしますので
 発送まで4~5日位お時間をいただきます。

*冷蔵庫で自然解凍してお使いください。(使いやす用に25枚を1袋に入れています)
 
*通販用ですのでパッケージやシール等はありませ