ド根性米 ぜったに倒れない天のつぶ 新米(白米 玄米)

令和2年産農家産直 白米・玄米 除草剤一回・殺虫剤一回。


2020年10月下旬から販売予定




私達が栽培している「ド根性米 絶対に倒れない天のつぶ」は、地震がきても風評被害が沸騰してもコロナが襲ってきても私達福島の農家は前向きに進んでいます。

台風が来ても大雨でも夏の熱い日でも決して倒れることなく育ち、秋の収穫には実をつける生きた米を栽培しています。





福島県喜多方市熱塩加納町産の米とは


福島県会津産のコシヒカリは、日本穀物検定協会の食味コンクールで最高ランク「特A」を連続で選ばれたほど美味いお米を造れる土壌と水を兼ね備えている地域です。


会津産でも特に熱塩加納町産の米の評判は大変高く自然食品の宅配を行っている会社や関東からこだわり米を扱う米屋さんが直接買い求めに来る町です。喜多方市のスーパーでも熱塩加納町産のお米はブランド米になっているほど希少価値が高い米でなかなか手に入らない米です。「さゆり米」と呼ばれ町の代表的な米としてTVや雑誌などで紹介されています。


有機の里としてテレビや雑誌で有名な福島県熱塩加納町で造ったこの米は私達が造りあげた米です。ただ、草取りのため除草剤は一回使用・カメムシ予防の為に殺虫剤一回使用しました。





福島県熱塩加納町で造った米は美味しいと評判です。その理由は昔から土壌が肥えているからです。土壌が良いといわれています。その反面、非常に作業がしづらいのです。土が粘土質になっていてトラクターで耕すにも普通の田んぼに比べて時間はかかるし燃料もかかります。トラクターの歯にも粘土の土がべっとりつきます。


そして田んぼが深いのでトラクターが田んぼに埋まって動けなくなったりすることもあります。田植えをしているときなど田植え機がグググーツと右に傾いたり、左にぬかったりもします。とにかく大変な難しい田んぼです。



自分で造った米は我が子と同じですね。愛情が日に日に湧いてきます。どれだけこまめに稲の面倒を見てあげられるかということとお客様にこの米、安心だし美味しいといっていただくことを考えて造ってきました!今年は7月まで長雨が続きましたが8月は特に天気がよくうまい米ができました。




1年に1回しか造れないのですから、せっかく育てるならお客様に安全で安心して食べていただく米を造りたかったのです。皆さん自分の子供には大きくなったら立派な人や良い人になって欲しいと思い育てますでしょう。その気持ちと同じです。自分の米には愛情が有ります。


ぜひ一度、熱塩加納の田んぼで栽培したお米を食べてください。


*令和2年度産自社で栽培した米、天のつぶ100%です。除草剤一回・殺虫剤1回使用 種もみは無消毒です。


お客様からご注文を受けてから精米をいたします。





食  味   ~ひとめぼれ・コシヒカリに匹敵するおいしさ~  


「天のつぶ」の玄米のタンパク質含有率は、「コシヒカリ」、「ひとめぼれ」並、白米 のアミロース含有率は、「ひとめぼれ」並で粘りが強く良食味です。 お米マイスターによる食味評価では、食感がしっかりしており、比較品種と同様 以上の良い評価を得ています。


福島県オリジナル品種 天のつぶは コシヒカリより少しアミロース含有率が高いために シャッキリとした食感。コシヒカリに負けない ふっくら 噛めば噛むほど 甘味 光沢 香りが良く 旨味 奨励品種 炊き上がり 天のつぶ 冷めても美味い. 


私達は米作りをして過去にこのような評価を受けました。


第13回 米・食味分析コンクール:国際大会で「プレミアムライセンスクラブ・グットファーマー認定」を受賞いたしました。<