人気の餃子タレや簡単に作れる餃子タレ おすすめ餃子のタレ

October 16, 2017

餃子の味付けは醤油・ラー油等シンプルなものが多いので、
他の調味料を使うバラエティになり色々楽しめますね。


様々なスパイスと少しの塩を混ぜ、そこに醤油
やオリジナルのラー油をゆず酢で溶いたもので
餃子を食べても面白いですね。

 

やっぱり定番は「醤油+酢+ラー油」でしょうか。
醤油、酢、醤油+酢、醤油+ラー油、醤油+酢+ラー油
などではないでしょうか。


このなかでも「醤油」「酢」「ラー油」の5:4:1が
黄金比だそうです。

 

餃子のタレとして、たくさんの胡椒を振って、そこに
お酢だけ。意外と美味しいです。

ラー油を入れずに醤油とお酢だけでもシンプルで美味
しいです。

 

 

 


色々な国のタレの特徴と作り方

 

色々な国で使われている定番のたれを、家庭の
餃子ダレにも取り入れてみると楽しいですよ。
多めに作って密封容器で保存すれば1週間程度は
もつものもあります。

 

中国での餃子のタレは

 

中国では餃子のタレにらー油がよく利用されます。
日本でも餃子のタレにラー油を入れますよね。
ラー油とは、ごま油で唐辛子をいためて作る
調味料のことです。麻婆豆腐などにも使われる
素晴らしい香りと刺激的な味の「花椒粉」を
炒って香りがでたら唐辛子と一緒にすりつぶします。
これを八角で香り付けしたごま油でいためながら
ペースト状にしていくと、どんなタレにも使える
中華風のラー油を作ることが出来ます。水餃子、
焼餃子はもちろん、スープ餃子の素としても
おすすめです。

 

 

 

 

 

韓国での餃子のタレは

 

韓国では、醤油と唐辛子を使ったピリ辛ダレが
使われています。作り方は、醤油100ml大さじ1のごま油
とパウダー唐辛子をいれ、みじん切りにした小口ネギと
すりゴマを加えるだけです。また、水餃子にはアミを
発酵させて作った塩辛とニンニク、アサツキ、唐辛子を
刻んで混ぜるシンプルなタレは豚肉を使った水餃子に
良く合います。他にも酢醤油に韓国味噌のコチュジャン
を使った酢味噌もおいしいですよ。

 

他には

 

おろしポン酢 醤油+生卵 ねぎ塩 マヨネーズ 
ヨーグルト大さじ2杯に醤油、ラー油を混ぜたもの
等いろいろです。

 

 

#餃子のタレ #餃子のタレの作り方 #中国餃子のタレ
#韓国餃子のタレ #ラー油と餃子

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事