パリパリもっちりのうまい餃子の焼き方とレシピ

October 22, 2017

底はパリッと、中身はふっくらジューシーに仕上げるためには、
厚みのある鉄鍋やフッ素加工されている底の平らなフライパンを
使うと上手に妬くことが出来ます。

 

水が多すぎると、底面をパリッとさせることが出来ずと隣の
餃子とくっついてしまう事もあるので、水加減や餃子を並べる
間隔は、使う鍋に合わせて調節したほうが良いかもしれません。

 

 

基本的な餃子の焼き方

 

日本の焼ぎょうざは三日月型をしているものが多く、底の部分に
焼色をつけて全体は蒸し焼きにするのが一般的です。外側はパリッ
と中身はジューシーに焼き上げるための水加減や火加減などのコツ
を紹介します。

 

 

 

 

 

調理方法

 

(1) 熱したフライパンにうすくサラダ油をひきます。
フライパンはテフロン加工のもの使用。加工が剥げていない
フライパン推奨。

(2) 餃子を少し離して並べます。
くっつかないように少し間をあけます。同じ向きに並べる
ときれいに見えます。


(3) お湯を餃子の上から100cc程度入れます。

 

 


(4) フタをして強火で蒸し焼きにします。
火をつけたら焼き上がりまでフライパンから飛び出さない
程度の強火で焼きます。

羽付き焼き餃子を作りたいときは水が完全になくなる前に
「水で溶き片栗粉。割合は片栗粉大さじ1に対して水50ml」を投入します。

 

 

(5) お湯がなくなったら中火にし、ゴマ油をたらし、焦げ目がつくまで焼きます。
水分が残っているとごま油を入れた時油がはねて危険です。
ごま油を回し入れたら必ず何度かフライ返し等で焼き色具合
水分がある場合は蓋で押さえて余分な水分を捨てます。

 

 

(6) 出来上がり!

 

*少し冷めてから餃子をとると取りやすいです。

 

 

 

 

 


喜多方もっちり餃子はこちらから

https://www.n-bandai.com/

 

#餃子の焼き方 #餃子のレシピ #餃子の焼き方のレシピ
#焦がさない餃子の焼き方 #簡単な餃子の焼き方

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事