鉄分たっぷり ポパイ餃子でたまごスープをご紹介します。


こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。

今回は、「コシヒカリ米粉やこがねもち米粉入りとほうれん草で作ったポパイ餃子を 卵鶏がらスープに入れて食べてみました」を紹介します。

テレビを見ていたらたまごスープがおいしそうに見えたので実際に作って美味いかそうで

もないのかを検証して皆さんへレシピをお知らせをいたします。

私達が作っているもっちりポパイ餃子(ほうれん草入り)で何か作れないかと考えている

奥様へレシピを提案します。よろしければ参考にしくださいね。

私達の自己紹介

私達は喜多方市で自社栽培したこしひかり米粉やこがねもち米粉で餃子の皮を

作り餃子を製造しています。

そんな私達は今日は、自社栽培のコシヒカリの米粉とこがねもち米粉と小麦粉に

濃縮ほうれん草を加えて皮を作り、その皮で餃子を作り会津地鶏のたまごスープに

入れて食べてみました。 

ほうれん草には鉄分が含まれていますので楽しみです。

コシヒカリの米粉とこがねもち米粉と小麦粉でミキシングした皮はもっちりした

餃子の皮になります。 (私達が取り扱っている喜多方もっちり餃子にはこの餃子の皮が使われています。)

今日は味噌汁代わりに、簡単に作れる卵スープを考えていました。(* ´艸`)・・

冷蔵庫で卵発見!

ほうれん草入り喜多方もっちりポパイ餃子でたまごスープを思いつきました! ・・(*`艸´)

今回は忙しくても時間があっても少し手を抜きたいなと思った時にも美味しく簡単に

誰でもできるそして栄養もとれるもっちりポパイ餃子で会津地鶏卵スープをお勧めいたします。 鉄分も摂れるので嬉しいです。

コンセプトは今回も単純に”うまい”簡単””早い”と身体に栄養をです。

ほうれん草入りもっちりポパイ餃子の皮で会津地鶏たまごスープを紹介しますね。

夕食時、家族みんなで楽しみながら身体をあたためたいですね。

自宅でのおしゃべりタイムでもいいですね。

とても簡単に誰でも作ることが出来ますので、良かったらお試しください。

それでは早速作ってみましょう。まずは材料の紹介です。

材料 (4人分)

①喜多方もっちりポパイ餃子12個 ②卵  1個 ③玉ねぎ1/2個

④水1000ml ⑤会津地鶏ガラスープ 2袋

*玉ねぎは切っておく。 *卵はとじておく。

1 水1000mlに濃色スープ2袋を入れる。