{会津に来る人必見} 紅白餃子試食・惣菜・お土産品イベント7月14~16日


こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。

追加分 「会津に来ている皆様へ プレゼント情報

明日(16日)は最終日

10時から会津湯川米のご飯を100名様に無料で提供するそうです。 もっちり餃子も100名様に無料で提供します。(試食として)

道の駅会津湯川坂下から相談がありましたので私達も頑張ります。

喜多方もっちり紅白餃子の試食・惣菜・お土産餃子のイベント

明日16日(月)やっています。

場所 道の駅会津湯川坂下イベントホール

もっちり餃子の試食も出来ます。

・焼きたての餃子をその場でもたべれますよ。 ・おうちに帰ってご飯のお供にも食べれます。 ・今日は紅白餃子食べてちょっといい事がありますように。 ・お土産にもっちり餃子をどうぞ。 ・明日最終日です。

喜多方もっちり餃子より」

7月14(土)~16日(月)に道の駅会津湯川のイベントホールで 紅白餃子の試食・惣菜・お土産品イベントのお知らせです。

お近くにお住いの人や福島県会津や喜多方にお出かけのお客様は 道の駅会津湯川へお立ち寄りください。

・もっちり餃子の試食も出来ます。

私達の自己紹介

私達は喜多方市で自社栽培したこしひかり米粉やこがねもち米粉で餃子の皮を作り餃子を製造しています。 そんな私達は7月14(土)~16日(月)に、道の駅会津湯川のイベントホールで紅白餃子の 試食・惣菜・お土産品の販売を行います。

◎喜多方もっちり餃子の由来

喜多方もっちり餃子は2011年の東日本大震災時の福島第一原発の風評被害から 生まれてきました。

そこから形を変えて生まれてきたのが喜多方もっちり餃子です。

喜多方もっちり餃子には私達が栽培したコシヒカリ米粉やこがねもち米粉が含まれています。 もっちりとした食感でねばりがあります。ネバリ強く復興を目指したことと志しを最後までネバリ強く貫くという意味 から福に幸あれ(福幸ふっこう)となり幸福餃子となっています。

福島市のコラッセ1Fの福島物産館で「ふくしま米粉フェアー」に出店した時に、喜多方もっちり餃子800個を持っていきました。試食していただいたお客様に アンケートを書いていただきました。その結果は

・皮が美味い ・モチモチしている ・今まで食べたことがない ・もちもちしている ・厚みが美味い ・皮だけでもうまい等たくさんの答えが返ってきました。 ・皮の良い香りがする。

〇紅餃子の皮にトマトパウダーと一味唐辛子を加えた。

トマトを乾燥させてパウダーにしましたのでトマトの旨みが濃縮しています。 皮に加えることによりほんのりとしたトマトの酸味と甘みが加わりました。 トマトだけだと焼いた時に色合いが薄くなるので一味唐辛子を加えることに しました。すると色合いがオレンジピンクに変わりました。

オレンジピンクの紅餃子を食べた子供達は (*`艸´) (*`艸´)になりましたよ。 コクが生まれて美味しくなりました。とても楽しみな味です。

この紅餃子ともっちり餃子(白)をセットで販売をします。