オリジナル餃子の皮でお客様に喜んで欲しい。

March 27, 2019

・お店独自の皮を作りたい。
・地域オリジナルの皮を作りたい。
・小麦粉を使用しない餃子の皮が欲しい。
(小麦粉を使用している施設で形成します。)

・特産品を生かした餃子の皮を考えている。
・機械で餃子形成しても切れにくい皮が欲しい
等などのご要望に出来るだけ対応いたします。

 

 

 

喜多方もっちり餃子の皮の原料に、様々な素材や原料を練り込んだ、オリジナルの餃子皮をお作り致します。

現在私達が作っている喜多方もっちり餃子の皮は下記のような特徴があります。

 

・食品添加物無使用
・原料は素材のみ
・米粉(コシヒカリ・こがねもち)入りの為にモチモチした食感が楽しめる。
 (米農家だからできる米粉の増量がモチモチ感を大きく引き立たせます。)
・米粉入りの為に調理した後、時間が経っても型が崩れにくい。


・蒸しても型崩れはない。
・テイクアウトの場合は自宅であたためてから食べていただくと柔らかく召し上がる ことが出来ます。
・ほんのり皮の風味が味わえる。
・時間が経っても弾力があり美味しさが持続します。
・鍋の中に一晩置いても型崩れしにくい。


・食べたときに皮の旨みを味わえる。
・餡の旨みと一緒になり美味しい。

 

 

 

 

私達はこのような皮の特徴に、皆様方のご希望に様々な素材や原料を練り込んだ、オリジナル餃子の皮をお作り致します。

 

 

 

 

皮の直径 90mm・95mm 
*90㎜や95㎜の型で作りますが皮の性質上出来上がりは数ミリ縮小します。

 

重さ    90㎜=8g~10g/1枚・95㎜=9g~12g/1枚
    *市販の皮に比べて厚め・重めと考えてください。
    *上記以外の型の場合は型の購入が必要になります。

ロット    小ロットOK、小麦粉・米粉等(原料2kで約2,6k~2,8kの総重量)で出来る   量(90㎜で約160~180枚・約8g/一枚の重さ) が可能です。
   出来上がり量全て買取もokです。(お客様が型を取っても大丈夫です。)
   

原料の条件 主に小麦粉 米粉 馬鈴薯澱粉等。 食品添加物は使用しない。

 

着色は ムラサキ芋粉末、ホウレン草粉末、カボチャ粉末、トウモロコシ粉末、ブロッコリー粉末、抹茶粉末、レモン粉末、ゆず粉末、伊予柑粉末、レンコン粉末、ごぼう粉末、人参粉末、発芽玄米粉末、しょうが粉末、よもぎ粉末、トマト粉末等配合。着色料や保存料等は使用しません。

 

*上記以外の野菜粉末や果物粉末が用意出来れば、餃子の皮に練り込むこともできます。ただし、黒い皮やにおいがきつい粉末はお受けできませんのでご理解願います。
(上記の野菜粉末が用意できない場合もあります。)
*お客様が用意した粉末を使用することもOKです。

 

 


 
加水調整    35%~44%の間で調整します。(季節により加水がかわります)

賞味期限    無添加(小麦粉・水・米粉・馬鈴薯澱粉のみ)
                =製造日+4日(冷蔵10℃以下)=製造日180日(冷凍の場合)

配送   原則冷凍で送ります。冷蔵配送も可能ですが配送中に皮がずれたりして
     皮に折り目がつく場合や皮が片寄る場合があります。

試作

ご納得いただける商品ができるまで、試作いたします。
(試作料や配送料は有償になります)

 

※手包む専用の餃子の皮になります。
※機械で包む場合は原料を調整して切れを防ぎます。
また、この場合は配送は冷蔵を予定しています。

 

※もっちり皮のオーダーメードであり、餃子のオーダーメードではありませんので
御注意ください。

 

 

 

 

〇もっちり餃子の皮オーダーメイドの流れ

 

お問い合わせ
お電話又はメールにてお問い合わせ下さい。

打ち合わせの日程を決めさせて頂きます。

 

 打合せ
皮の大きさや色合いなど、ヒアリングさせて頂き、細かい打ち合せを致します。

 

 試作
打ち合わせを基に、試作品を作り、試食して頂きます。

 

 試作
試食して頂いて、ご納得いただけましたら完成です。

 

 納品
完成した商品を納品します。

 

 

 

※ご相談いただいてもご期待に応えられない場合もありますのでご理解ください。


※皮の完成まで時間の余裕をお願いします。すぐにはできませんのでご理解ください。


※試作品は有料になりますのでご理解ください。

 

問い合わせは電話・FAX・メールでお受けいたします。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事