喜多方もっちり餃子の受賞歴
フードアクションニッポンアワード
国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取り組みを表彰し、全国へ発信することにより、事業者・団体等によるさらなる取り組みを促進することを目的として2009年に創設した表彰制度です。
 

2013商品部門入賞を受賞!!
 

会津産コシヒカリの米粉を使った「喜多方もっちり餃子の皮と餃子」の開発による食料自給率向上への寄与によりフード・アクション・ニッポンアワード2013の入賞を受賞しました

2014販売促進・消費促進部門入賞を受賞!!
子供の笑顔と観光客の思い出を作る「喜多方もっちり餃子」の販売促進・消費促進
めざせ食の日本代表 第二回地場もん国民大賞審査委員賞

地場もん国民大賞」は、農林水産省が日本の食材や料理の魅力、食文化の多様性を国内外にアピールすることを目的に開催されているコンテスト。全国各地の農林水産物や加工食品、料理などを、地域の特色あふれる食資源を活用した品を集め、表彰している。

第2回となる今回は、6月より受付が開始され、880品もの商品の応募があった。1次審査、2次審査を経て、ファイナリスト30品が選出され、WEB投票、最終審査員票、来場者投票により金賞が決定となる。

ふくしまおいしい大賞2014年最優秀賞

福島県が主催した県産農林水産物の6次化商品を対象にした「ふくしま おいしい大賞2014」が発表され、惣菜部門で「喜多方もっちり餃子」が最優秀賞を受賞しました。

復興ビジネスコンテスト奨励賞受賞 

子供達に笑顔・観光客に思い出を作る喜多方もっちり餃子

「新しい東北」官民連携推進協議会では、東日本大震災の被災地における地域産業の復興や地域振興に資する事業(既に取り組んでいる事業、これから取り組もうとしている事業計画の両方を含みます。)を募集し表彰します。

ふくしまベンチャーアワード2016 特別賞受賞

喜多方もっちり餃子を世界へ 子供達の笑顔を見たい!

 

ふくしまベンチャーアワード2016』は、福島県内の高い志を持った起業家を支援するために、ビジネスプランの募集・表彰を行う事業です。対象者は県内に主たる事業所を有し、起業から概ね10年以内の中小企業等の代表者又は個人事業主です。

復興ビジネスコンテスト2017丸紅賞受賞 

「福島県農産物の旨さ満載の喜多方もっちり餃子を世界へ~子供達の笑顔を見るため!」

マスコミ掲載歴

・H30年7月 日経ウーマン ふるさと納税の人気御礼品として喜多方もっちり

 餃子ともっちりじゃがチーズ餃子セットが掲載されました。

・H29年11月12日 福島民報 「喜多方もっちり餃子でクラウドファンディング」
・H29年 
みちのくWalker 「みちのく いいもん うまいもん 喜多方もっちり餃子」
・H29年3月12日(日)
東京新聞 「被災地の再生と復興」新規ビジネス 

 会津の食材で米粉ギョーザ

 

・H28年12月15日(木) 朝日新聞「みちのく経済 挑む」 米粉で皮 

 もっちり餃子好評。
​・H28年1月19日(火)
読売新聞朝刊の「お取り寄せの味」のコーナーで
 「喜多方もっちり餃子」と「もっちりスープ餃子」が掲載になりました。

 

・H27年1/24 (土)    FMキタカタ13:30~「希望へ!Team KITAKATA」
・H27年1月22日(木)17:30 
FMキタカタ 生放送(街角ターミナル)
・H27年1月1日 
福島民報 地元愛込めて特産 食材にこだわり

 

・平成26年4月 FMラジオ福島 六次化で放送
・平成26年2月12日 
福島中央テレビ ごじテレcHUで特集放送(約8分間)
 内容は喜多方産米粉のもっちり餃子がじわりじわりと口コミで広がってきました。
・平成26年1月10日 
福島民友 掲載 フードアクション受賞の記事 
 喜多方産米復活したい。餃子で販路開拓へ。

 

・平成25年12月28日 喜多方FMで「もっちり餃子で喜多方を元気に」放送
​・平成25年12月30日 
福島民報 掲載 フードアクション受賞の記事 
 米粉の餃子の皮でフードアクション受賞
・平成25年6月5日(水) 
TVスイッチ 特集 「風評被害に立ち向かう 

 米農家が作ったギョーザ」