中国や日本での 餃子の呼び名の由来

October 5, 2017

わん亀 餃子は中国語で「ジャオズ」と言います。ドラゴンボールでは「チャオズ」と
    いうキャラクターがいるカメ。

   「交子」と同じ発音ですね。これは子供を授かるという意味だそうです。

             その意味からは縁起の良い食べ物として特別カメ。

 

に亀  日本での餃子は、中国での焼き餃子の言い方
    と水餃子や蒸し餃子に使われる「ジャオズ」から「餃子」になったカメ。

 

さん亀 私達がいつも見ている餃子の形は、中国で使われていたお金が
    このような形に由来しているカメ

 

わん亀 日本でもお正月に食べる料理があります。それらの食べ物には正月に

              食べる意味があります。中国でも昔から食べられているので福を

              呼び込む縁起の良い形で作られていたカメ。

    丸い形や巾着のような形のものが多いのも、昔のお金と同じように

              縁起のよい円やお財布、の形をかたどったもので、

             餃子が毎日の食べ物だということがわかるカメ。

 

に亀  中国は広い地域なので地方により食べられているぎょうざが全く違うカメ。

    日本でも地域により同じ食べ物でも食べ方や料理の方法が違います。
    よくにているカメ。

    米が取れにくい中国北部では、生地の厚い水餃子が主食として

               毎日食べられていまるカメ。

    南部では、一口サイズに作った小さな蒸しギョウザやスープ餃子

              を軽食やおやつとして食べるてるカメ。

 

 

 

 

さん亀 日本では「焼き餃子」が一般的ですが中国といえば、
   「水餃子」か「蒸し餃子」が一般的カメ
  
   また日本はご飯と餃子・ラーメンと餃子として副食で食べますが
   中国では主食として食べるカメ

 

 

 

 

 

 

   中国では水餃子と鍋貼の具としてニンニクを入れる習慣はないようです。
   ニラも必ずしも入れず、白菜と豚肉のみなどというものも多い。

  ニラを使ったものは「韭菜水餃」として水餃子と区別してメニューに

       記載されたりもします。
  また、店によっては生のニンニクが卓上に置かれる事もあり、

      食べる者の好みにより生ニンニクをかじりつつ食す方法がある用です。

      食養にどこか似ていますね。

 

 

 

 


    
   *日本でも炭鉱が盛んだった福岡では、スタミナの付くような

              ニンニクがたっぷり入った餃子。横浜・神戸では独特の餃子専門店が有名です。

   今は、日本全国各地でご当地餃子が盛んに作られています。

   日本の大手メーカーは毎年新商品を発売しています。チルドでは500億、

   冷凍では700億といわれるくらい餃子を食べる人は多いです。

   特に宇都宮や浜松の餃子の消費量は日本ではずば抜けて高いですね。


  喜多方もっちり餃子も皆さんに笑顔で食べてもらいたいと嬉しいです。
  モチモチの食感と餡の旨みが味わえます。

 

  *よろしければ参考までにこちらをご覧ください。
  https://www.n-bandai.com/blank-6

 


#餃子の由来 #餃子の名前の由来 #餃子は中国 #焼き餃子の由来
#中国ではスープ餃子が主食
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事