息子の受験と受験生応援餃子の物語

平成30年3月8日は中学三年生の息子の高校受験の試験日。 平成30年1月三年生三学期の期末試験も終了していよいよ高校受験の試験 に向けた追い込みが始まりました。 期末試験が終わって母親と勝負の神様にお参りに行きました。 気持ちのどこかで誰かにすがりたい気持ちがあるのでしょう。 よくわかります。 本人はまだ、気が乗らないようですが同級生の一期選抜の試験が終わり 同級生が全員一期に合格してから二期選抜に向けて気が入りだしました。 「俺 合格するかな インフルエンザにならないだろうな等など」不安な 気持ちを口にだしています。 「大丈夫だから 受験生応援餃子の お守りの祈禱玄米にかいてあるだろう。」 ・努力は実力を生む!  ・実力は自信を生む! ・自信は合格を生む! 不安になった時はお守りの祈禱玄米をこすりながら少しでも気持ちを落ちつかせています。 2月塾での高校受験直前模擬試験を受けました。結果は本人が予想していた点数よりかなり 低かったので、「俺、大丈夫だろうか・・」と言い出しました。 「必ず合格するから。そんなこと心配するより自分の目標点数を達成するように頑張れ」 「1教科3~5点多くとれば目標点数クリアするだろ。」 ずいぶん気が楽になったようです。 母親が今日の晩御飯は受験生応援餃子「ねばり勝ち」にするからと作ってくれていました。 美味い美味いと食べながら早寝して朝5時起きの毎日です。 その間ゲームは自分で禁止し、合格したらするようにしているようです。 「学校の授業で各教科の実力テストを先生が考えてくれたらいいのにな」と 息子にはなしたら早速先生にお願いし

餃子とおでんで寒ーい日におでんを作ってみまました。

喜多方もっちり餃子が美味しいおでんだねになったよ。 今年は寒し日が続いています。寒波がくると必ず大雪! 雪が降るつもり、雪かたずけ、終わったと思うと屋根から雪が落ちて また、雪片付けその繰り返し。 体力をつけたい、暖かいもを食べて暖まりたい。 そんな時は餃子とおでんで身体をいたわりましょう。 簡単に作れます。 材料 (2個分) 餃子2個 おでん 焼き餃子を作り出来上がったおでんにのせるだけ。 ホントに簡単です。ただおでんを作る手間はかかりますよ。 米農家の喜多方もっちり餃子

さつまいも粉入り餃子の皮はどんな皮ですか。

喜多方もっちり餃子の皮に新しい仲間が加わりました。 さつまいも粉を入れるとどんな皮になるのでしょうか? 有機肥料栽培のコシヒカリの米粉とこがねもち粉とさつまいも粉と小麦粉を加えて皮を作りました。 ミキシングして出来上がった皮を練り、餃子の皮にします。 出来上がった皮からほんのりと甘みが鼻をくすぐります。 出来上がった生の皮を食べてみるとの甘みがたまらないです。 色合いはうすい茶系になります。 このさつまいも粉入り餃子の皮で餃子を作りスープ餃子で食べてみました。 もっちりとした食感とツルリンとした食感が味わえます。 しっとり感がいいですね。 鍋餃子やスープ餃子や水餃子等に合います。 餃子の皮だけでなのオリジナルとしても美味しくいただけます。 ピザ用の皮、アスパラなどを巻いて、チーズをのせても 美味しいです。 なんと一枚の皮の重さは約7~9gあります。 *当店の喜多方もっちりスープ餃子の皮もこの皮を使用しています。 ・消費期限  製造日より180日 保存方法  要冷凍(-18度以下) 皮(小麦粉,米粉(こがねもち、こしひかり)さつまいも粉,でん粉) 米農家の喜多方もっちり餃子

余ったもっちり餃子の皮にさつまいもとチーズを入れてみた。

とても簡単に作れて、冷凍させておけばいつでも手軽におかずやおやつに! 材料 (20個分) さつまいもx2 ナチュラルチーズx4 もっちり餃子の皮x20枚 牛乳 大さじ1 ブラックペッパー 少々 ごま油 大さじ1 1 さつまいもを洗い適当な大きさに輪切りにする。 2 5分ほど水につけてあくを抜く。 3 水を切ってレンジで800wで6分ほど加熱し、さつまいもを潰す。牛乳・ブラックペッパーを加えて混ぜる。 4 餃子の皮とチーズを用意する。 5 餃子の皮に、さつまいもとチーズを置いて巻く。 6 冷凍保存でいつでも簡単に食べれます。 7 ごま油でこんがり焼く。どうぞお召し上がりください(^○^) チーズの種類によって、出来上がりが変わり、いろいろ楽しめます。 牛乳やブラックペッパーのかわりに豆乳やキムチやデミグラスソースなどで 味の変化も楽しいです。 余ったもっちり餃子の皮を捨てずに利用すれば、たくさんの餃子が楽しめます。

美味しい餃子を食べたい でもカロリーが気になる方へ

餃子はカロリーが高い・低い? 揚げ餃子はカリカリ、焼き餃子はパリパリ、プリプリ水餃子、もちもち食感の蒸し餃子。 みんな大好きです。しかしカロリー面から見ると異なります。 今日はカロリーを抑えた上手な餃子の食べ方をみて見ましょう。 餃子の皮は油を吸うので、油を使う種類ほどカロリーが高くなります。 餃子の大きさなどでも違ってくるのすが、参考としてはこのようになります。、 1位、揚げ餃子(約80kcal/1個)  2位 焼き餃子約(47kcal/1個)  3位 水餃子・蒸し餃子(約25kcal/1個) このような順番でしょうか。 餃子1人分を6個とすると、1皿のカロリーは ・揚げ餃子 約480kcal ・焼き餃子 約282kcal ・水餃子・蒸し餃子 約150kcal です。 つまり、1食あたりのカロリー摂取目安量を約580〜800kcalとすると、餃子だけのカロリーは それほど高くありません。 皆さん餃子は大好きな人が多いので、餃子をご飯のお供にして2人前(12個)食べてしまった場合は、 カロリーをオーバーする可能性があるため、食べ過ぎには注意しましょう。 餃子は栄養面から見ると「完全食」と言われることもあるほど、 バランスのが良い食べ物です。 餃子の皮には炭水化物、豚肉はタンパク質、そして野菜にはビタミンが 含まれるなど、人間の身体を維持するために必要な栄養素がたくさん含まれています。 飽きないおいしさで、いくつでも食べられちゃう。と言って 食べ過ぎてしまっては、餃子の栄養面での効果が得られないばかりか、 カロリー過多でぶくぶく太ってしまうなんて:::

余った餃子の皮を麺にして簡単たまごスープ

余った餃子の皮の簡単アレンジでもう一品 手づくり餃子の皮を作りました。餃子の皮が余ってしまいました。 せっか作った皮を捨てるのはもったいないので薄く切って麺にして たまごスープに入れて作ってみました。 餃子の皮を麺にして結構美味しかったです。 材料 (2〜3人分) 餃子の皮5枚程度 たまごスープの素2杯分 刻みネギ少々 水360cc 1 余った餃子の皮を重ねて5~10ミリ幅に切ります 2 切った餃子の皮と水を鍋に入れ沸騰させます 3 火を弱めて、たまごスープの素を入れます 4 刻みネギを入れて完成です。

もっちり餃子の餃子鍋 レシピ

会津地鶏スープにモチモチ餃子が絶品! 今年は毎週のように寒波が来て雪が降り続き、毎日が寒いです。ぶるぶる!! 野菜を入れて家族で仲間達みんなで囲む鍋は美味しくて楽しいです。 寒い日は身体も心もポッカポッカ!! 材料(3~4人分) 喜多方もっちりスープ餃子 10個 喜多方スープ餃子の地鶏スープ60ml 2袋 白菜 1/4株(400g) ねぎ 1本(100g) にら 1束(100g) えのきだけ 1袋(100g) (1)白菜は3cm幅のそぎ切りにし、ねぎは1cm幅の斜め切りにする。 にらは5cm長さに切り、えのきだけは根元を切る。 (2)鍋に水1000mlを入れて煮立て、(1)の白菜・ねぎ・えのきだけを加えてひと煮し、 「餃子」を加えて煮る。火が通ったら、(1)のにらを加える。 *お好みでプラックペッパーを加える。

もちもち餃子の皮でお弁当のおかず キムチとチーズ入り

もちもち餃子の皮でお弁当のおかず キムチとチーズ入り 意外とお弁当は時間がかかりますが、餃子の皮にお好みの 素材を入れるだけで簡単にお弁当のおかずが完成します。 餃子の皮で中身をアレンジ。冷蔵庫にある食材を活用して作りました。 材料 (10枚分) 餃子の皮10枚 玉ねぎ・・適量 キムチ・・適量 スライスチーズ・・適量 玉ねぎの皮を剥いてみじん切りにします。 餃子の皮に玉ねぎ(みじん切り)・キムチ・スライスチーズを適量入れて まわりに水をつけてピッタと包みます。ヒダをつけないでそのまま半分に閉じます。 全て包み終わったらフライパンにオイルを入れて少し弱めの中火で両面焼き色がつくまで 焼いたら完成です。 味はキムチ味とチーズでそのままで大丈夫です。 お弁当の一品にしたり、おかずやおつまみでも楽しく食べれます。 残った材料の消費。無駄なく美味しく。そして大好きなチーズとキムチを活用しました。 誰でも簡単にもちもち餃子の皮で美味しいキムチとチーズ入り餃子が食べれます。

餃子通販の喜多方もっちり餃子から スープ餃子うまから 登場

季節限定 会津地鶏のスープとうまから餃子のエキスがたまらななく上々!! 出来上がったうまから餃子を目の前に置いて、 まずはスープを一口・・・ うまから餃子から出てきた旨辛エキスと会津地鶏スープの融合がバツグン!! お鍋の野菜とスープを軽くかき混ぜ・・・口の中へ・・・ いよいようまから餃子をガブリ ガブリ!! 皮・餡・スープの融合が上々!! 子供が夏でも食べたいと・・・ 喜多方産こしひかり・こがねもち米粉にさつまいも粉等を加えて皮を作り、 県産銘柄豚「エゴマ豚」や地元野菜(キャベツ・玉ねぎ)に豆板醤・唐辛子を加え て餡を作り包みました。 スープ餃子 うまからの作り方 餃子5個に対して濃縮スープ1袋を500mlのお湯にとかして沸騰してください。     沸騰したら冷凍の餃子を入れてください。4~5分位で浮き上がります。  浮き上がりましたら火を弱めて1分位で出来上がります。 *お好みで野菜(玉ねぎ・白菜・しめじ等)等を入れても美味しく食べれます。 寒い季節は身体も心もポッカポッカ!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square