水餃子やスープ餃子にはこの皮が一番。もちもちとツルリン食感

中華料理といえば餃子! 日本では焼き餃子が定番ですが、中国では水餃子の方が一般的です。水餃子ってもちぷるであっさりしてて美味いです。 そんな水餃子やスープ餃子に合う餃子の皮を紹介します。 「また食べたい餃子」を目指して、3年の歳月をかけて重ねた試作。 数々の受賞と実績を重ね、多くのマスコミでも紹介されている喜多方 もっちり餃子。その皮を「全国のレストランに届けたい」。 餃子の皮と言えば小麦粉で作るのが当たり前。ほとんどの餃子は小麦粉の皮でできています。小麦粉で作った皮は美味しいです・・・。 私達が作っている餃子の皮は自社栽培の喜多方産コシヒカリ・こがねもち米粉とゆきちから(県産小麦粉)等で皮を作りました。もっちり モチモチ食感で生で食べても旨みがあり美味しいです。 そんな餃子の皮にさつまいも粉を加えるとどうでしょうか? どんな食感なのでしょうか? 美味しのでしょうか? 型崩れはしないのでしょうか? 皮はどうでしょうか? レストラン様や中華料理店様やホテル様や飲食店様へ提案です。 こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。みんな大好きな餃子。 いつもと違う食感や美味しさをテーブルに並べてみませんか。 私達は福島県喜多方市の自社で栽培したコシヒカリ米粉やこがねもち米粉を使用して喜多方もっちり餃子の皮や 喜多方もっちり餃子を作っています。私達の米粉入りもっちり餃子の皮は原材料以外の食品添加物は使用しておりません。 もっちり餃子の皮にさつまいも粉を加えてもっちの餃子の皮がしっとりした餃子の皮が出来上がりました。 果たして水餃子やスープ餃子にした時の食感はどうでしょうか? レス

餃子の皮が美味い 赤と緑と白のワンランク上の皮選び

「また食べたい餃子」を目指して、3年の歳月をかけて重ねた試作。 数々の受賞と実績を重ね、多くのマスコミでも紹介されている喜多方 もっちり餃子。その皮を「全国のレストランに届けたい」。 餃子の皮と言えば白色を皮を思い浮かべますね。ほとんどの餃子は白色の皮でできています。 それが中国から伝わってきた餃子の皮の色ですね。日本でも売っている餃子や餃子の皮は白色が一般的です。 私達が作っている餃子の皮は自社栽培の喜多方産コシヒカリ・こがねもち米粉とゆきちから(県産小麦粉)等で皮を作りました。もっちり モチモチ食感で生で食べても旨みがあり美味しいです。 そんな餃子の皮の問い合わせが多くいただいております。 サンプル品を試されてお店でも取り扱っているレストラン様や 中華料理店様やホテル様や飲食店様にも好評です。 今は4種類の皮を取り扱っています。餃子を作る人も食べる人も可愛らしさや華やかさを演出して、インス多映えはいかがですか。 ・米粉入りの餃子の皮 ・さつまいも粉入りの餃子の皮 ・トマト入りの餃子の皮 ・ほうれん草入りの餃子の皮 こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。みんな大好きな餃子。 いつもと違う鮮やかな色合いや 可愛いオレンジ・鮮やかなグリーンをテーブルに並べてみませんか。 私達は福島県喜多方市の自社で栽培したコシヒカリ米粉やこがねもち米粉を使用して喜多方もっちり餃子の皮や\喜多方もっちり餃子を作っています。私達の米粉入りもっちり餃子の皮は 原材料以外の食品添加物は使用しておりません。 もっちり餃子の皮に野菜パウダーを加えてもっちの餃子の皮が色鮮やかな餃子の皮が出

「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」に出店します。

こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。 10月19日(金)20日(土)21日(日)と川崎競馬場で 「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」に出店します。 ここ喜多方市はいま稲刈り真っ最中です。私の田んぼもいつ稲刈りしても良いくらいに実ってきました。 7月までは暑く雨も降らず8月から9月いっぱいは雨が降ってばかりの天候でしたがここにきてようやく晴れ間が続くようになりました。 私も早く稲刈りしたいのですが今はできない状態です。 10月19日(金)20日(土)21日(日)と川崎競馬場で 「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」に出店します。 喜多方もっちり餃子の焼き餃子ともっちりスープ餃子を皆様に ふるまいます。また、お持ち帰りのもっちり餃子も用意いたします。 そんな準備の為に毎日ぎょうざを作っています。ので稲刈りができません。 気をもんでも仕方ないので「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」が終わってからゆっくり稲刈りします。 私達の自己紹介 私達は喜多方市で自社栽培したこしひかり米粉やこがねもち米粉で餃子の皮を作り餃子を製造しています。 そんな私達は、10月19日(金)20日(土)21日(日)「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」へ出店します。(*`艸 私達が栽培したコシヒカリやこがねもちが入った餃子を世界中の人に食べてもらう。 そして福島県の農産物の安全性やおいしさを世界中の人にわかってもらい、その美味しさや憩いを求め福島・会津・喜多方に気軽に遊びに来てもらい。 さらにリピーターになってもらいたい。そのような私達の未来を見るために取組をしてまいり

{さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。

こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。 {さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。をご紹介しますね。 10月になり秋の味覚が楽しめる季節になりました。 さつまいも・栗・新米等。 そして食欲の秋を迎え時期にもなり美味しい食べ物を 味わうことができますね。 今回はさつまいもと会津地鶏スープともっちり餃子のレシピをご紹介します。 {さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。 を紹介します。 実際に作って美味いかそうでもないのかを検証して皆さんへレシピをお知らせをいたします。 私達が作っているもっちり餃子で何か作れないかと考えている奥様へレシピを提案します。 よろしければ参考にしくださいね。 私達の自己紹介 私達は喜多方市で自社栽培したこしひかり米粉やこがねもち米粉で餃子の皮を作り餃子を製造しています。 そんな私達は今日は、自社栽培のコシヒカリの米粉とこがねもち米粉と小麦粉を加えて作ったもっちり餃子で{さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。 簡単に作れる{さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。(* ´艸`)・・ 皆さん大好きなさつまいもと会津地鶏スープと餃子のコラボです。 もっちり餃子のレシピ用途がいっぱいありますよ・・(*`艸´) 今回は忙しくても時間があっても少し手を抜きたいなと思った時にも美味しく簡単に誰でもできる{さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。 コンセプトは今回も単純に”うまい”簡単””早い”と{さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃子であたたか。 {さつまいもの会津地鶏スープ}もっちり餃

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square