美味しい米粉入り水餃子の皮の作り方・餡の作り方等のレシピ

October 7, 2017

わん亀 水餃子は中国の東北地域で古くから
楽しまれているカメ。
一番親しまれている水餃子カメ。

餡を包む前に炒めて味付をつけていいカメ。
しっかりと味が付いているので、何もつけず
そのまま食べてもOK、黒酢をかけて
さっぱりといただくのもうまいカメ。

 

 

材料

皮ー強力粉 280g・薄力粉 100g・米粉20g・水 200cc・塩 2つまみ
餡ー豚挽き肉 200g・白菜 2~4枚・生姜 2片・長ネギ
 1本・ごま油 大さじ2・ネギ油 大さじ2
・醤油 大さじ2・塩、胡椒、砂糖、一味 少々
・味噌 小さじ1・ラー油 小さじ2

 

 

 

 

 

作り方

 

①ボールに強力粉と薄力粉と米粉を入れてよく混ぜ合わせます。
そこに常温(30度以下)の水に塩を加えて
、4~5回に分けてまんべんなく入れます。粉全体に馴染
むように片手で水を加えながらもう片方の手で箸を
持って混ぜながら加えていきます。

 

 

水が全体に馴染んだら手のひらを使ってこねます。
皮の硬さは耳たぶ位より少し柔らかめが良いです。
出来上がったらビニール袋に入れて30分寝かせて
おきます。(乾燥を防ぐため)


②白菜は水洗いして、水分をとります。
水気を拭き取り、ネギと一緒にみじん切り
にします。

 

ボールに豚挽き肉と摩り下ろしたしょうがを
入れてよく練り合わせます。

 

熱したフライパンに油と刻んだネギを一つまみ
入れ、香りが立ったら練り合わせた餡を何回
かに分けて入れます。

 

そこに砂糖、塩、コショウ、一味、醤油、ネギ油
の順で加えていためます。

炒めた餡を大き目のボールにとり冷めたら
刻んだ白菜とネギを加えて混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

 

③まな板に打ち粉をふって、寝かせた
生地を8~10等分にしてから手で伸ばします。
棒で伸ばしても良いです。

 

手で丸くのばしていきます。のばした皮は
両面に浮き粉の打ち粉をしておきましょう。
(部屋などが乾燥していると水分が蒸発し
ます。皮が固い時は手に軽く水分をつけて
皮を練ります)

 

一枚の皮の重さは10g~15g位が良いです。
モチモチとした皮が完成します。


④出来た皮に餡を包んでいきます。ひだは
あまり細かく入れずに隙間が出来ないように
しっかり包むのが良いです。


(皮の外側に少し水を練ると餡を入れて重ね
たとき皮同士がつきやすいです。)

 

 

 

 


⑤大きな鍋に2Lのお湯を沸かし、1回に10~15個
の餃子を入れます。

餃子同士がくっつきはしませんが
心配であれば大きな穴開きお玉で
ゆするように混ぜます。

餃子が浮いてきたら4~5分茹でます。


表面につやが出てぷくっとしてきたらすくい
取り、器に盛って完成です。

 

 


喜多方もっちり餃子も皆さんに笑顔で食べてもらいたいと嬉しいです。
  モチモチの食感と餡の旨みが味わえます。

  *よろしければ参考までにこちらをご覧ください。
  https://www.n-bandai.com/blank-6

 

 

#餃子 #焼き餃子 #蒸し餃子 #揚げ餃子 #水餃子のレシピ
#水餃子 #中国の餃子 #日本の餃子 #米粉入り餃子
#水餃子の作り方 #水餃子の美味しいレシピ #水餃子の美味しい作り方

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事