餃子に欠かせない野菜、薬味としても重要です。

October 18, 2017

スーパーなどでは、餃子の調味料や専用のタレが販売され
います。

市販のタレを使わなくても調味料や薬味の作り方を
知っておけば、手作りでも十分コクや旨みのある餃子
を作ることが出来ます。
販売しているタレは簡単ですがそれをつかわなくても
手前タレでおいしくできます。

 

 

 

 

薬味の種類と特徴

シンプルな材料の餃子にもかならずといっていいほど入っ
ているのが、ねぎやしょうがなどの野菜です。野菜の効果
を知っておくとより美味しく餃子を作ることが出来ます。

 

 

ねぎ

餃子にねぎを入れる場合、その目的によって長ネギと玉ねぎを
使い分けるのがお勧めです。ねぎの香りを加えたい場合には
長ネギを使い、甘みを出したい場合には玉ねぎを使います。
長ネギは白い部分を、玉ねぎは大きめのみじん切りにして使う
と歯ごたえを楽しむことができます。

 

たまねぎは、すりおろしたり、みじん切りにすると水分が多くなり
ジューシーさを出すことが出来ますが、水分が多すぎると餡も
水分が多くなりなってしまう場合もありますので注意しましょう。
玉ねぎをしぼるのも一つの方法です。あるいは乾燥した
グルテンミート等を入れて水分を吸収するのも良いです。

 

 

 

 

生姜

肉の臭みを消し、消化を助ける働きがあるしょうがは、
ほとんどの餃子に使われている野菜です。ニンニクと同じように、
食欲をそそる香り成分が含まれている生姜ですが、
口臭の原因物質には変化しにくいため餃子の中にたっぷりと
使うことが出来ます。ねぎ油を作るときに、生姜を一緒に
いためると、ねぎ油の風味がいっそうよくすることが出来ます。


餃子の餡を先にいためる調理方法の場合には、肉に混ぜ込んで
おく分とは別に油に加えるのが良いです。
生姜は身体をあたためたり、血流を良くする働きをしますので
非常に優れた野菜の一つです。

 

ニンニク

日本の餃子の餡には、ニンニクが使われることが多くあります。
ニンニクには強い香りの成分が含まれているため、食欲をそそる
良い臭いがします。にんにくの抗酸化作用、抗菌・殺菌作用は
外部の有害物質を排除する効能があり、これらも疲労回復に大
きく役立ちます。 有害物質は私達が思っている以上に疲労の
原因となっているのです。 さらに、にんにくに含まれるアリシン
の抗血栓作用とスコルジニンによる末梢血管拡張作用などにより
血流が良くなることも疲労回復効果を促進します。

 

 

 

 

コリアンダー
コリアンダーとは、セリ科の一年草で、料理にもよく用いられる
ハーブの一つ。葉や熟す前の実の香りは独特で、カメムシや南京虫
の臭いに例えられることも多いですよね。
そのため、好き・嫌いがハッキリと分かれるハーブの一つでもあります。
 
コリアンダーは様々な国の料理に使われており、地域で呼び名が異なる
のが特徴。
タイではパクチー、ベトナムではザウムイ、中国ではシャンツァイや
中国パセリと呼ばれています。
 
料理に使われるのは根や葉の部分はもちろん、種もコリアンダーシード
と呼ばれる小さな粒のスパイスになります。
このスパイスはカレーや肉料理などによく使われるんです。

 

 

キャベツ
ビタミンC、ビタミンUを豊富でいます。キャベツはがん予防効果があると
言われており、アブラナ科のイソチオシアネートの効果とも言われている。
ニンニクに次いで高い癌予防効果のある食材であると位置づけられています。

 

 

にら
全草に独特の匂いがあります。このため、禅宗などの精進料理では五葷の
一つとして忌避される。匂いの原因物質は硫化アリル(アリシン)などの
硫黄化合物です。

 

 

#餃子の薬味 #餃子に入れる薬味 #餃子に欠かせない薬味

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事