手作り餃子や余った餃子の冷凍保存方法

October 23, 2017

冷凍しておくための餃子を作る場合には、一度焼いたり
茹でたものを凍らせる方法と生のままで凍らせる方法があります。

 

 


自家製餃子沢山作って余ってしまいました。そんな経験は誰でも
あると思います。その時の冷凍の保存方法が手軽で
場所も取らない!くっつかない!そんな方法です。

 

 

タッパでは小さすぎて数が入らない・場所をとる等の問題も
・ビニール袋に入れると生だとすぐくっく等々があります。

どこの家庭でもある平らなものを使用します。

 

 

段ボールを平らにして冷凍庫に入る大きさに切ります。
切った段ボールにサランラップや大きめの袋をかぶせます。
その上に余った餃子を並べます。くっくいたまま冷凍すると
餃子をとる時に苦労しますので少し離して並べます。
並べた餃子の上にラップをかぶせます。

 

 

 

 

二段・三段にするときは同じ方法で行います。

 

牛乳パックを広げても同じように出来ますよ。

 

冷凍庫に入れる時は、一番上、平らな場所に置いてください。

このような方法だとかなりの数の餃子が冷凍出来ます。

 

一日で餃子は凍るのでその時はビニール袋に入れても
くっからないので大丈夫です。

 

 

 

 

 

また、段ボール等の平らなところに置くのでフライパンで
焼くときも餃子が安定しますよ。

 

フライパンに乗せたときに
底面がきちんと付くように平らな容器やバットに並べて凍らせる
と上手にパリッと焼き上げることができます。

 

良かったらお試しください。


喜多方もっちり餃子はこちらから

https://www.n-bandai.com/

#生餃子の保存方法 #余った餃子の保存方法 #作り過ぎた餃子の保存方法
#手作り餃子の保存方法 #簡単な餃子の保存方法 #冷凍餃子の保存方法

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ならんだならんだ ふくしま逸品堂!

June 23, 2017

1/1
Please reload

最新記事