餃子の皮 どっちが表どっちが裏(おいしさも違うの)


こんにちは喜多方もっちり餃子の瓜生和徳です。

。今日はもっちり餃子の皮の「餃子の皮 どっちが表どっちが裏(おいしさも違うの)」を考えてみます。どちらが表でどちらが裏か 作り方や美味しさは違うのか? 私達の独自の考えです。

〇私達の自己紹介

私達は喜多方市でこしひかりやこがねもち等を栽培している米農家です。その米粉等で餃子の皮や餃子を製造しています。 私達は「手包み餃子専門のもっちり皮」を提供しています。

(* ´艸`)・・

私達はコシヒカリやこがねもちの米粉と小麦粉等を加えてミキシングして作った餃子の皮を製造しています。

モチモチした皮を作っていますので90㎜のサイズで8~10gで厚めの皮になります。

「喜多方もっちり餃子の皮」の特徴は

・米粉(コシヒカリ・こがねもち)入りの為にモチモチした食感が楽しめる。の ・米粉入りの為に調理した後、時間が経っても型が崩れにくい。 ・蒸しても型崩れはない。 ・テイクアウトの場合は自宅であたためてから食べていただくと、 柔らかく召し上がることが出来ます。

・ほんのり皮の風味が味わえる。 ・時間が経っても弾力があり美味しさが持続します。 ・鍋の中に一晩置いても型崩れしにくい。 ・食べたときに皮の旨みを味わえる。

・餡の旨みと一緒になり美味しい。 ・皮がモチモチしている。 ・皮がしっとりしている。 ・皮に弾力がある。

〇このような餃子の皮を作る工程は

①小麦粉・米粉・馬鈴薯澱粉等をミキシングして30分位熟成します。

②これを手でや足で練り上げます。この時の皮は厚めにします。 これを30分から1時間熟成します。

③これを10~15グラムの大きさにちぎり。平たく伸ばします。

最後に伸ばした時に打ち粉をかけます。

*私達はこの作業を機械で行います。機械でも最後の仕上げに打ち粉をかけます。

打ち粉の役割りは皮と皮がつかないようにするためと水分が蒸発して皮が乾燥しないためです。しっとりした皮は美味しいですから。

手作業の場合はまんべんなく打ち粉をかける場合がありますので 表裏がわからないと思います。機械の場合は打ち粉がかかったほうは打ち粉が多く、反対側の皮は打ち粉が少ないです。

〇餃子の餡を皮に入れて包む場合は 手作業では皮の外側に水をつけて皮がつくようにします。あまり打ち粉が多いと皮がつかないので内側は打ち粉が少ない方が餡を包むときは作業がしやすいようです。

機械で形成する場合は打ち粉の多い方を外側にくるように、打ち粉の少ない方を内側にくるようにして形成します。内側の皮と皮がつきやすいように、外側は機械につかないようにします。

また、外側に打ち粉があったほうが餃子を焼いた時に羽ができます。

〇「餃子の皮 どっちが表どっちが裏(おいしさも違うの)」の結論

餃子の皮に表や裏はないけど作業のしやすさを考えると打ち粉の少ない方を内側に打ち粉の多い方を外側にした方が良いと考えます。外側の打ち粉により羽ができてパリパリしたら見た目も美味しいですね。

ここからは私達のPRです。

「喜多方もっちり餃子の皮」の原料 

小麦粉・コシヒカリ・こがねもち・馬鈴薯澱粉、打ち粉 のみです。食品添加物は使用していません。

特徴は 生の皮に触れるとしっとりしてます。食べるとモチモチ食感と弾力があります。

用途は 焼き餃子・蒸し餃子・スープ餃子・鍋餃子・包餃子その他アレンジ料理や創作料理にに最適です。